« 一口問答(19願・定散二善6) | トップページ | 一口問答(19願・定散二善8) »

2012年9月26日 (水)

一口問答(19願・定散二善7)

問い

善を勧められた仏教の結論が、阿弥陀仏の本願ですから、阿弥陀仏の救いに善が関係ない筈がないですよ。

答え

19願・定散二善のことを真宗ではどのように教えられているか御存知ないようですね。親鸞聖人は「雑行とは、正助を除きて以外をことごとく雑行と名づく。これすなはち横出・漸教、定散・三福、三輩・九品、自力仮門なり。」(教行信証化土巻)と仰っています。「横超」が18願ということは御存知でしょうが、それに対して「横出」は19願のことです。
したがって雑行とは、19願及び定散二善のことです。阿弥陀仏の救いにあずかるには、雑行を捨てよ、つまり19願・定散二善を捨てよ、という関係です。

(参照)
論理的思考、論文である『教行信証』の読み方

|

« 一口問答(19願・定散二善6) | トップページ | 一口問答(19願・定散二善8) »

一口問答」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一口問答(19願・定散二善6) | トップページ | 一口問答(19願・定散二善8) »