« 一口問答(獲信に善は必要か14) | トップページ | 一口問答(獲信に善は必要か16) »

2012年8月 2日 (木)

一口問答(獲信に善は必要か15)

問い

善をしなくてもいいのなら、悪をすれば救われるのですか。

答え

親鸞会らしい短絡的な考え方です。
蓮如上人の愛読書であった『安心決定鈔』に、「下品下生の失念の称念に願行具足することは、さらに機の願行にあらずとしるべし。法蔵菩薩の五劫兆載の願行の、凡夫の願行を成ずるゆゑなり。」とあります。五逆の者が臨終の心の籠らない念仏で往生できるのは、衆生の願と行によるのではなく、法蔵菩薩の五劫思惟の願と兆載永劫の行によるからだ、ということです。
善をすれば」も「悪をすれば」も、自分の願行を加えなければ、阿弥陀仏は救ってくださらない、と仏智を疑っているのですから、救われる筈がないです。

(参照)
下品下生の往生さえ知らない高森会長

|

« 一口問答(獲信に善は必要か14) | トップページ | 一口問答(獲信に善は必要か16) »

一口問答」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一口問答(獲信に善は必要か14) | トップページ | 一口問答(獲信に善は必要か16) »