« 罪福信ずる行者は 仏智の不思議をうたがひて | トップページ | 顕真8月号「ひと口問答4」 »

2012年8月11日 (土)

一口問答(獲信に善は必要か18)

一口問答に”因果の道理”も加えておきます。

問い

仏教の根幹は因果の道理だから、「善因善果、悪因悪果、自因自果」を信じて、光に向かって進まなければ救われません。

答え

あなたの言われているのは化土の因果です。罪福の因果を信じて善をするのを散善といいます。しかしそんな人は、「罪福信ずる行者は 仏智の不思議をうたがひて 疑城胎宮にとどまれば 三宝にはなれたてまつる」(正像末和讃)と、化土にしか往けないと厳しく誡められています。
親鸞聖人が教えられたのは、「報土の因果」(正信偈)です。法蔵菩薩の兆載永劫の修行による功徳を十方衆生が受け取って報土往生する、高森会長の言う他因自果を、「仏智の不思議」と教えられているのです。

(参照)
罪福信ずる行者は 仏智の不思議をうたがひて

|

« 罪福信ずる行者は 仏智の不思議をうたがひて | トップページ | 顕真8月号「ひと口問答4」 »

一口問答」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 罪福信ずる行者は 仏智の不思議をうたがひて | トップページ | 顕真8月号「ひと口問答4」 »