« 一口問答(獲信に善は必要か17) | トップページ | 罪福信ずる行者は 仏智の不思議をうたがひて »

2012年8月 7日 (火)

意専心にして回すると回せざるとにあり

会員追悼法要という重大行事を高森会長はドタキャンしています。青年大会もそうでしたが、その際に、
もう話ができなくなってきたのかもしれません
と書いたところ、意地になってその後座談会をしたりしてきましたが、やはり無理なのでしょう。いつものことながら、講師部員にさえもドタキャンの理由は知らされていません。
高森会長が会員の後生を常に念じている、ということが妄想であるのは、この一事を以ってしても判ります。

さて、顕真8月号待ちということで、一口問答は少し休みます。

関連したことで、会員も退会者も、一番知りたいことは、

阿弥陀仏に救われるには、どうすればいいのか

でしょうが、それは必堕無間の自己に驚きがたつことでもなければ、絶対の幸福という空想を目指すことでもありません。

善導大師の『般舟讃』を『教行信証』化土巻
に引かれて

ただ恨むらくは、衆生の疑ふまじきを疑ふことを。浄土対面してあひ忤はず。弥陀の摂と不摂とを論ずることなかれ。意専心にして回すると回せざるとにあり。

(現代語訳)

ただ嘆かわしいことは、衆生が疑ってはならないことを疑うことである。浄土はわたしたちの前にあって何ものも拒むことなく受け入れてくださる。阿弥陀仏がお救いくださるかどうかを論じる必要はない。ただ、わたしたちがひとすじに浄土に往生しようと願うかどうかによるのである。

と親鸞聖人は教えられています。
浄土往生を願うかどうかです。もちろん、これが信心ということですが、「弥陀の摂と不摂とを論ずること」さえも不要なのですから、善が必要かどうかなど、全く問題ではありません。
別の表現で言われることもありますが、ここでは

意専心にして回すると回せざるとにあり

と明確に教えられています。

18願なら「欲生我国」、

18願成就文なら「願生彼国」です。

これ以外に方法論は何もないのです。

逆に言えば、浄土を願わない会員には、阿弥陀仏の救いは無関係ということです。

|

« 一口問答(獲信に善は必要か17) | トップページ | 罪福信ずる行者は 仏智の不思議をうたがひて »

コメント

「至心・信楽・欲生の3つの心」だと難しいですが、「至心に信楽して我が国に生まれんと欲いて」とそのまま読めば御心通りだったのですね。よく解りました。

投稿: | 2012年8月 7日 (火) 23時37分

オリンピックは見ていて楽しい。
一生懸命自分自身の力と才能と努力を出し切っています。
世の中をバカにして自分たちだけえらいと思っている者とはえらい違いです。

バカな会長の話より御文章を百回読むほうがいいと思います。
どうせ温泉とか料理とか異性にうつつを抜かしているんじゃないですか。
分からなくもないですが仏教を盾に隠すのはいただけないしもったいないことです。
如来聖人より賜る、とおっしゃった蓮如上人に学んで、贅沢な会長は捨てるべきです。

退会した人で苦しんでいる人は地獄と無常が間違って教えられていたと気づいたら早いと思う。
多くのHPにお世話になると変な脅迫は抜けていくと思います。
私は飛雲さんのお蔭で必堕無間の杭が抜けました。
因果の道理で脅していいと学んだ人も改めた方がいいと思いました。

投稿: ライトニングボルト | 2012年8月 8日 (水) 07時48分

名無し 様

その通りです。


ライトニングボルト 様

会長を捨てて、会長の言っていたことをすべて否定してから仏教を真宗を学び直すのがいいことです。
多くの方がマインドコントロールから解放される手助けができれば、嬉しいです。

投稿: 飛雲 | 2012年8月 8日 (水) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一口問答(獲信に善は必要か17) | トップページ | 罪福信ずる行者は 仏智の不思議をうたがひて »