« 一口問答(善人悪人9) | トップページ | 一口問答(善人悪人11) »

2012年7月10日 (火)

一口問答(善人悪人10)

問い

法然上人は大原問答で、聖道門の教えを否定されたのではないですか。

答え

法然上人は大原問答(大原談義)で、聖道門の教えを否定されたのではありません。
大原にして、聖道浄土の、論談有りしに、法門は牛角の論なりしかども、機根比べには、源空勝ちたりき。聖道門は深しといえども、時過ぎぬれば、今の機に適わず。浄土門は浅きに似たれども、当根に適い易し」(勅修御伝)とありますように、聖道門の教えは末法・法滅の時代とその衆生の機に合わないが、浄土門は末法・法滅であってでもその機に相応する、と仰って、聖道諸師も信伏したのです。

(参照)
無知と勘違いからくる親鸞会の傲慢さ

|

« 一口問答(善人悪人9) | トップページ | 一口問答(善人悪人11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一口問答(善人悪人9) | トップページ | 一口問答(善人悪人11) »