« 一口問答(獲信に善は必要か8) | トップページ | 一口問答(獲信に善は必要か10) »

2012年7月30日 (月)

一口問答(獲信に善は必要か9)

問い

親鸞聖人は、「おほよそ八万四千の法門は、みなこれ浄土の方便の善なり。これを要門といふ。これを仮門となづけたり。(中略)この要門・仮門より、もろもろの衆生をすすめこしらへて、本願一乗円融無碍真実功徳大宝海にをしへすすめ入れたまふ」(一念多念証文)と仰っているように、すべての人に「浄土の方便の善」を勧められているのではないですか。

答え

全く逆です。「浄土の方便の善」「要門・仮門」より「本願一乗円融無碍真実功徳大宝海」に入るように教え勧められた、ということです。もちろん、「浄土の方便の善」「要門・仮門」に迷っている人に対してです。「本願一乗円融無碍真実功徳大宝海」である18願を願い求めている人に、「浄土の方便の善」「要門・仮門」を勧められたという解釈は、どこの世界の文法を使っているのでしょうか。

(参照)
古文が読めないのに、適当に出す御文で自らの首を絞める親鸞会

|

« 一口問答(獲信に善は必要か8) | トップページ | 一口問答(獲信に善は必要か10) »

一口問答」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一口問答(獲信に善は必要か8) | トップページ | 一口問答(獲信に善は必要か10) »