« 一口問答(善人悪人5) | トップページ | 一口問答(善人悪人7) »

2012年7月 6日 (金)

一口問答(善人悪人6)

直接的間接的に「飛雲」の名を出して、親鸞会が宣伝してくれるお陰で、「飛雲」で検索して当ブログを訪問する人が増えています。無二の善知識は、古文・現代文を読む能力だけでなく、先を読む能力が極めて劣っています。

問い

では、親鸞聖人は全人類のことをどう仰っているのですか。

答え

いくつかありますが、判りやすいのが『愚禿鈔』です。「二機とは、一には善機、二には悪機なり。」と大きく分けられて、「善機について二種あり。(中略)一には定機、二には散機なり。」と「また悪機について七種あり。一には十悪、二には四重、三には破見、四には破戒、五には五逆、六には謗法、七には闡提なり。」とあります。
『正信偈』にある「定散与逆悪」「善悪凡夫」は、「定散」「善凡夫」が「善機」つまり善人のこと、「逆悪」「悪凡夫」が「悪機」つまり悪人のことです。
悪人しかいないと仰ったお言葉は皆無です。

(参照)
ただ他の悪のみを見る。ゆゑに自性悪人と名づくるなり。

|

« 一口問答(善人悪人5) | トップページ | 一口問答(善人悪人7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一口問答(善人悪人5) | トップページ | 一口問答(善人悪人7) »