« 人に依り、語に依り、識に依り、不了義に依る親鸞会 | トップページ | 善知識への無条件服従することをもって本願とせられたならば、無理難題に従えない者はきっと往生の望みを絶つであろう »

2012年6月10日 (日)

高森会長の真意

四依の4番目の「了義経に依りて不了義に依らざるべし」について、存覚上人は『六要鈔』で以下のように解説されています。

「依了義」の下、「有一」等とは、了・不了の義は諸経の異説。諸宗の所談、領解まちまちなれども、今教の宗はただ仏説を以て了義経とす。この論灼然なり。『大経』の下に云わく「如来の智慧海は深広にして涯底なし。二乗の測る所にあらず。ただ仏のみ独り明了なり」已上。弥陀の五智深奥の理は、三乗・五乗はその境界にあらず。この故に今、菩薩等の説は信用に足らざることを談ず。この義を以ての故に、了義経の名は仏説に被らしむるなり。深心の釈(散善義)に云わく「仏を除きて已還は、智行未だ満たせず。その学地に在り。正習ありて、二障未だ除こらず、果願未だ円かならざるに由りて、これらの凡聖は、たとい諸仏の教の意を測量すれども、未だ決了すること能わず。平章することありと雖も、かならず須く仏証を請して定とすべきなり」已上。

解説の方が余計に難しいと思われるかもしれませんが、ここに挙げられた『大無量寿経』と『散善義』の御文の意味が判れば、御理解頂けると思います。

『大無量寿経』下巻・往覲偈

声聞あるいは菩薩、よく聖心を究むることなし。
たとへば生れてより盲ひたるものの、行いて人を開導せんと欲はんがごとし。
如来の智慧海は、深広にして涯底なし。
二乗の測るところにあらず。ただ仏のみ独りあきらかに了りたまへり。
たとひ一切の人、具足してみな道を得、浄慧、本空を知り、億劫に仏智を思ひ、力を窮め、講説を極めて、寿を尽すとも、なほ知らじ。

(現代語訳)

声聞や菩薩でさえも、仏の心を知りきわめることはできない。
まるで生れながらに目が見えない人が、人を導こうとするようなものである。
如来の智慧の大海は、とても深く広く果てしなく、
声聞や菩薩でさえも思いはかることはできない。ただ仏だけがお知りになることができる。
たとえすべての人々が、残らずみな道をきわめて、清らかな智慧ですべては空であると知り、限りなく長い時をかけて仏の智慧を思いはかり、力の限り説き明かし、寿命の限りを尽したとしても、仏の智慧は限りなく、このように清らかであることを、やはり知ることができない。

『散善義』深心釈

仏はこれ満足大悲の人なるがゆえに、実語なるがゆえに、仏を除きて已還は、智行未だ満たず。それ学地にありて、正習の二障ありて、未だ除からざるに由って、果願未だ円ならず。これらの凡聖は、たとい諸仏の教意を測量すれども、未だよく決了することあたわず。平章ありといえども、かならず須らく仏証を請うて定とすべきなり。もし仏意に称えば、すなわち印可して「如是如是」と言う。もし仏意に可わざれば、すなわち「汝等が所説この義不如是」と言う。印せざるは、すなわち無記・無利・無益の語に同じ。仏の印可したまうをば、すなわち仏の正教に随順す。もし仏の所有の言説は、すなわちこれ正教・正義・正行・正解・正業・正智なり。もしは多・もしは少、すべて菩薩・人・天等を問わず、その是非を定めんや。もし仏の所説は、すなわちこれ「了教」なり、菩薩等の説は、ことごとく「不了教」と名づくるなり、知るべしと。このゆえに、今の時、仰ぎて一切有縁の往生人等を勧む。ただ仏語を深信して専注奉行すべし、菩薩等の不相応の教を信用してもって疑碍を為し、惑を抱いて自ら迷いて、往生の大益を廃失すべからざれとなり。

(現代語訳)

仏は大いなる慈悲をまどかにそなえた方だからであり、その説かれた言葉はまことだからである。仏以外のものは、智慧も行もまだ十分でなく、それを学ぶ位にあり、煩悩も習気もまだすべては除かれていないので、さとりを求める願いも、まだまどかに成就していない。したがって、これらのものは、たとえ仏のおこころを推しはかっても、確かに知ることはまだできないのである。物事の道理を正しく明らかに理解することがあったとしても、必ず仏にその証明をお願いして、当否を定めるべきである。もし、仏のおこころにかなえば、仏はこれを認められて<その通り>といわれる。もし、仏のおこころにかなわなければ、<あなたがたのいうこの理解は正しくない>といわれるのである。仏がお認めにならない説は、仏の正しい教えにかなうものなのである。仏のお言葉はすべて、正しい教えであり、正しい義であり、正しい行であり、正しい領解であり、正しい行業であり、正しい智慧なのである。多数のものでも少数のものでも、菩薩であっても人間であっても神々であっても、その説の善し悪しを定めることなどできない。仏の説かれた教えは、完全な教えであり、菩薩などの説は、すべてみな不完全な教えというのである。よく知るがよい。だから、今この時、往生を願うすべての人々に勧める。ただ深く仏のお言葉を信じて、ひとすじに行を修めるがよい。菩薩などの説く、仏のお心にかなっていない教えを信じて、疑いをおこし、惑いをいただいて、自ら往生という大いなる利益を失ってはならない。

要するに、仏の真意は菩薩でさえも判らない、ましてや凡夫に判る筈もない、ということです。仏説経典以外のものを根拠にしてはならないことを仰っているのです。この仏説経典とは、前回も述べましたように、浄土三部経を指しています。
この四依は、化土巻で要門と真門について解説なされた後にある三願転入の文の次

まことに知んぬ、聖道の諸教は在世・正法のためにして、まつたく像末・法滅の時機にあらず。すでに時を失し機に乖けるなり。浄土真宗は在世・正法・像末・法滅、濁悪の群萌、斉しく悲引したまふをや。

(現代語訳)

いま、まことに知ることができた。聖道門のさまざまな教えは、釈尊の在世時代と正法のためのものであって、像法や末法や法滅の時代とその人々のためのものではない。すでにそれは時代にあわず、人々の資質に背くものである。浄土の真実の教えは、釈尊在世の時代にも、正法や像法や末法や法滅の時代にも変りなく、煩悩に汚れた人々を同じように慈悲をもって導いてくださるのである。

この後にあります。
時機不相応の聖道門では救われないから、浄土門を信じなさい。浄土門といっても、浄土三部経で、18願1つを勧められているのだから、要門19願、真門20願に心をかけることなく、18願1つなんだぞ、それが仏説だから、それを否定する人、解釈、教えに惑わされるなよ、というのが親鸞聖人の仰ったことなのです。

ところが、経典にない、歴代の善知識方の御著書にもないことを平気で言いふらし、

阿弥陀仏の御心が判るのは自分だけだ
阿弥陀仏の本願を説き切っている
そんなワシに無条件服従しなければ獲信できない

などと大法螺を吹いている人物が何者であるか、少しでも思考力があれば容易に判断できるというものです。
カルト教団のトップの考えることは皆同じです。

信者を騙して自分の私利私欲を満たすこと

|

« 人に依り、語に依り、識に依り、不了義に依る親鸞会 | トップページ | 善知識への無条件服従することをもって本願とせられたならば、無理難題に従えない者はきっと往生の望みを絶つであろう »

コメント

信者を騙して自分の私利私欲を満たすこと
本当にその通りです。親鸞会設立の目的は始めから会長が私利私欲を満たすことだったとすればすべて辻褄があいます。
最初から現在までまったくブレていません。

投稿: | 2012年6月11日 (月) 21時32分

信者を騙して自分の私利私欲を満たす事。
その言葉は、高森会長のためにあるような言葉です。生まれながら騙す才能に長けて、自身を生き仏として、会員に絶対服従を求め従わせ、入会して会員契約が成立したら、金、金、金と金を求め、払わせます。高森会長の法施は盗作で盗んだ仏法を説き、高森会長は労せずに(命がけの苦労)と会員を騙しています。高森会長の苦労は、盗作がバレないように会員に親鸞会以外の本を読むなと、盗作が発覚しないようにする苦労だけです。ある意味大変な苦労です。

投稿: 過去に会員 | 2012年6月11日 (月) 22時40分

名無し 様

以前のエントリー

三つの髻を剃りすてずは、法師といひがたし
http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-bb65.html

でも書きましたが、そういうことでしょう。


過去に会員 様

小心者故の苦労でしょうが、やることが実に小者らしいです。

投稿: 飛雲 | 2012年6月12日 (火) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人に依り、語に依り、識に依り、不了義に依る親鸞会 | トップページ | 善知識への無条件服従することをもって本願とせられたならば、無理難題に従えない者はきっと往生の望みを絶つであろう »