« 弘宣局長へメール送信のお知らせ | トップページ | 「聖人の宏才仰ぐべし」と高森会長の「深い御心」との違い »

2012年5月29日 (火)

親鸞会から群敵と蔑まれている退会者の皆様へ

今までは、

退会者に近付いてはならない、連絡があっても無視するように

との御教導がありましたが、高森会長は方針転換したのです。

群敵のことを知って、群敵に斬り込むのが親鸞学徒

と御教導があったのですから、絶好のチャンスです。
かつての上司、先輩、同輩、後輩に、群敵の主張を大いに知らせて、斬り込んでもらうように働きかけることができるのです。
もし無視するようなら、

高森先生の「群敵に斬り込む剣士たれ」の御教導を反故にするのか!!

とでも言ってやりましょう。

教義の問題に絞って、

親鸞会教義の誤り

親鸞会の邪義を正す

等の、比較的短く親鸞会の邪義をまとめてあるものを読んで反論してもらうように勧めてみてください。いつもの10項目を提示するだけでもそれなりの効果は期待できます。
ただし、講師部員等の詭弁の達者な人と直接会って話をすることは避ける方が賢明でしょう。
詭弁に言いくるめられることがありますので、法論をするなら文章でしてください。
必要なら、私が文章を考えますので、遠慮なく仰ってください。

このチャンスを逃す手はありません。

過去の法論に全敗の事実を突き付けてもいいでしょう。
法論に応じない証拠も現在進行形ですから、それを教えてあげるのも、高森会長の嘘を知らせる最大の手段にもなります。

とは言うものの、すぐに高森会長の深い御心の説明があり、方針転換となるでしょうけど。それはそれで、また方針転換を突っ込めばいいです。

高森会長には、籠城か逃亡以外に道はないのです。

|

« 弘宣局長へメール送信のお知らせ | トップページ | 「聖人の宏才仰ぐべし」と高森会長の「深い御心」との違い »

コメント

我々が群族に切り込んで行く姿を想像してみました。。 どうみても私が群族でした。
でももうやめられません。会員の皆さん、ごめんね。

投稿: 高森顕徹 | 2012年5月30日 (水) 08時51分

どうやら会長らは教義の誤りを指摘されても、どれだけ法論に惨敗しても、何とも思わないようですね。
彼らにとって命かけて守らねばならぬものは教えでも信仰でもなく、財産と、資産としての会員でしょうから。
でも、教義の誤りが明らかになったのが原因で会員や収入が減ったらキレるのでしょうか。

投稿: | 2012年5月30日 (水) 23時15分

飛雲さん、私は自分を群賊と蔑まれている者だとは思っていません。
あなたのブログによって親鸞会の教義のでたらめを知り、親鸞会こそが(彼らの言う)群賊だと分かりましたから。

今までは中々講師も会員も退会者に近づいてくれなかったし、連絡も繋がらないでいましたから、あちらから積極的に斬り込んできてもらえると親鸞会の間違いを伝えることが出来るから有難いことだと思います。
このご教導を真に受けて退会者に斬り込む会員が出てくれば、更に親鸞会は会員を減らすことでしょう。
もうどんなご教導を発信しても自分たちが怪我をするしかないのが親鸞会です。
まあ会長の言う通りに実行する人は少なくとも講師には現れないでしょうけどね。せいぜい講師部同士で飛雲許さん!斬り込んでやる!と一応叫んでみる位でしょう。

投稿: | 2012年5月31日 (木) 00時20分

高森会長は会員に御教導で斬り込めと言うならば、会長自身で斬り込んだらいいと思います。飛雲に斬り込んだらいいのです。自身が複数のネットが邪魔と思うなら会員に御教導と称して、やれなら自身でやるべきです。それだけで高森会長のレベルが知れます。

投稿: 過去に会員 | 2012年5月31日 (木) 22時33分

「なぜ退会者の誹謗中傷に反論しないのか」という日々膨れあがる会員の疑念に対して、
もちろんちゃんと反論できるが戦略上やらないだけだというポーズをとっている状態が長く続いており、
会員の抑えが効かなくなってきたので、中でも血気盛んな者に「今までしっかり聞いてきたのだからお前斬り込めるだろ」とけしかけることで逆に尻込みさせて、火消しを狙うという会長お得意の戦術でしょ。
ホンネは「ワシでさえ逃げるしかない正論にお前らが応えられるわけなかろうが、バカ」であろう。
今や会長の敵は外部のグンテキにあらず、内部の覚醒しつつある者たちになっている。何とも面白い構図ではないか。

投稿: チャングンテキ | 2012年6月 1日 (金) 06時35分

コメントを頂いた皆様

御尤もな御意見です。
元々自己矛盾に満ちた親鸞会が、更に自己矛盾に陥って、身動きとれなくなるでしょう。
かなりの末期症状だと思います。

投稿: 飛雲 | 2012年6月 2日 (土) 05時56分

親鸞会批判の真実、なるとんでもない変なブログが出来ています。全く浄土真宗が分からないどころか、間違いだらけで手の施しようがありません。高森さんが書いたブログだと思います。高森さんは、もともと学生時代に華光会にいて師匠の体験まで泥棒した人ですよ。

投稿: | 2015年1月29日 (木) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弘宣局長へメール送信のお知らせ | トップページ | 「聖人の宏才仰ぐべし」と高森会長の「深い御心」との違い »