« 仏及び仏の化身方の仰せと、高森会長の主張との違い | トップページ | 白道の意味さえ知らない高森会長 »

2012年3月 9日 (金)

念仏誹謗の高森会長

親鸞会では念仏を軽視して諸善を重視しており、何宗なのかさっぱり判りません。もちろん、念仏を他力と自力とに峻別された方が親鸞聖人であることは言うまでもありませんが、自力の念仏よりも諸善を上に見ることは、浄土門では考えられないことです。

自力の念仏には功徳がない、と平気で親鸞会は主張しますが、無知も甚だしいです。

『教行信証』化土巻・真門釈に善導大師の『法事讃』を引かれて

種々の法門みな解脱すれども、念仏して西方に往くに過ぎたるは無し。上一形を尽し、十念・三念・五念に至るまで、仏来迎したまふ。

(現代語訳)

仏のさまざまな教えは、みな迷いを離れることのできるものであるが、念仏して西方浄土に往生する教えにまさるものはない。生涯をかけて念仏するものから少ししか念仏しないものまで、阿弥陀仏は来迎して浄土に導いてくださる。

とあります。真門釈ですから、20願自力念仏についてですが、自力念仏でも数によらず、化土往生をさせて頂けると教えられています。

その理由として、元照律師の『阿弥陀経義疏』を引かれて

如来、持名の功勝れたることを明かさんと欲す。まづ余善を貶して少善根とす。いはゆる布施・持戒・立寺・造像・礼誦・座禅・懺念・苦行、一切福業、もし正信なければ、回向願求するにみな少善とす。往生の因にあらず。もしこの経によりて名号を執持せば、決定して往生せん。すなはち知ん、称名はこれ多善根・多福徳なりと。
むかしこの解をなしし、人なほ遅疑しき。近く襄陽の石碑の経の本文を得て、理冥符せり。はじめて深信を懐く。かれにいはく、〈善男子・善女人、阿弥陀仏を説くを聞きて、一心にして乱れず、名号を専称せよ。称名をもつてのゆゑに、諸罪消滅す。すなはちこれ多功徳・多善根・多福徳因縁なり〉

(現代語訳)

釈尊は、念仏の功徳がすぐれていることを明らかにしようとされ、まず念仏以外の善を劣ったものとしてわずかな功徳しかないといわれる。布施をし、戒律をたもち、あるいは寺を建て、仏像をつくり、仏を礼拝し、経を読み、または座禅をし、懺悔し、苦行するなどのすべての善は、もし正しい信がなかったなら、そのような善によって浄土に往生しようと願っても、みなわずかな功徳しかなく、往生の因ではないのである。もし、『阿弥陀経』の教えにしたがって念仏するなら、間違いなく往生するであろう。だから念仏は多くの功徳があると知ることができる。

かつて、わたしはこのような解釈をしたが、世間の人はなお疑って信じなかった。しかし最近、襄陽の石碑に刻まれた『阿弥陀経』の文を見たところ、わたしの解釈と見事に一致しており、そこではじめて深く信じるようになったのである。その文には次のように説かれている。<善良なものよ、阿弥陀仏について説かれるのを聞いて、心を乱すことなくただひとすじに名号を称えるがよい。名号を称えることにより、あらゆる罪が除かれる。すなわち念仏は多くの功徳をそなえて行である>

と仰っています。自力念仏が「多功徳・多善根・多福徳因縁」なのです。真門釈ですから、他力念仏について仰ったのではありません。
この「多功徳・多善根・多福徳因縁」である自力念仏で、化土に往生させて頂けるのです。

従って、親鸞会で教える

他力念仏⇒報土往生
自力念仏⇒必堕無間
念仏誹謗⇒必堕無間

が正しいと思っているとするならば、自力念仏を軽んじた念仏誹謗の罪になります。

もちろん

他力念仏⇒報土往生
自力念仏⇒化土往生
念仏誹謗⇒必堕無間

が正しいです。
ところがこのように書くと、私が自力念仏による化土往生を勧めているように歪曲するのが親鸞会ですが、諸善とは比べ物にならないのが、自力の念仏であることを説明しただけです。

当ブログでは、くどい程述べてきましたが、親鸞聖人は自力念仏による化土往生を厳しく誡められ、他力念仏による報土往生を勧めておられます。まして況や、親鸞聖人が諸善を勧められることなど、あり得ないことです。

高森会長は念仏を誹謗して、私利私欲を満たす目的で諸善(金集め・人集め)を勧めていることは、明らかです。

これまで詳しく書いてきましたが、これで以下の4番目まで説明したことにしておきます。

1.獲信していない人の死後はどうなるか

親鸞聖人 六道輪廻(19願・20願の同行は化土往生)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - -
高森会長 必堕無間

2.五逆罪・謗法罪について

親鸞聖人 造っている人と造っていない人がいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 造っていない人はいない、全ての人は生まれながらに造っている

3.善人と悪人について

親鸞聖人 善人と悪人とがいる
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善人はいない、すべての人は悪人である

4.獲信のために善は必要か

親鸞聖人 念仏1つ、獲信に善は不要
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善をしなければ絶対に獲信できない

5.白道とは

親鸞聖人 自力の心にあらず
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 自力

6.定散二善について

親鸞聖人 定散二善を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 定散二善をせよ

7.19願について

親鸞聖人 19願を捨てよ
- - - - - - - - - - - - - -
高森会長 19願を実践せよ

8.宿善について

親鸞聖人 過去世の善根の厚薄と、往生・獲信とは関係ない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 過去世の善根の薄い者が、そのままで往生・獲信することはありえない

9.機の深信について

親鸞聖人 自力では出離できない
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 逆謗の屍と必ず知らされる

10.善知識に無条件服従しなければならないか

親鸞聖人 法に従うのであって、人に従うのではない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 善知識に無条件服従せよ

|

« 仏及び仏の化身方の仰せと、高森会長の主張との違い | トップページ | 白道の意味さえ知らない高森会長 »

コメント

「念仏さえ称えたら死んだら極楽」は阿弥陀如来のみ心を正しく表していると脱会してから知りました。会長はこれを誹謗しているので解り易い念仏誹謗です。
自力念仏ももちろん誹謗して、会員に念仏を称えさせないように仕向けているので、これも念仏誹謗です。
聖道諸宗は五雑行で行為も悪いと決めつけて、仏法と名のつくものはひと通り誹謗しました。

投稿: | 2012年3月11日 (日) 20時36分

名無し 様

会長の言っていることは、四箇格言と変わりませんね。その他、共通点が非常に多いので、親鸞会を改めて日蓮会に改名した方がいいかもしれませんが、そうするとそちらの関係者からも非難されるでしょうけど。

投稿: 飛雲 | 2012年3月11日 (日) 20時59分

大沼法龍
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B2%BC%E6%B3%95%E9%BE%8D
>百科事典的な記事に成長する見込みのないもの」および「百科事典に記載するほどの著名性・特筆性がない記事」であると考えるため。また、宗教団体の広告行為であるとも考えられるため。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E5%89%8A%E9%99%A4%E4%BE%9D%E9%A0%BC/%E5%A4%A7%E6%B2%BC%E6%B3%95%E9%BE%8D

とあり、削除依頼がでているのだが

大沼法龍氏 に関する 著名性・特筆性のソースをお持ちの方 編集作業に協力願いたいのですが、お願いします。

投稿: 元会員 | 2012年3月12日 (月) 01時12分

「親鸞会邪義を破る」というブログを書いている者です。
ひとつ質問なのですが、飛雲さんの「宿善の厚薄と獲信は関係ない」という言い方は適切なのでしょうか。
私も自分のブログにそのように書いたこともあるのですが。。
もちろん、宿善の厚薄に関係なく弥陀をたのめば救われるという意味ならその通りですが、宿善とは弥陀の調育のはたらきであり、獲信の善き因縁です。
弥陀の救いに値わせるために、人によっては聖道仏教も必要であり、釈迦は修善を説いたわけですから、「関係がない」という表現は語弊があるように思えてしまいます。
往生の因は南無阿弥陀仏であり、私達のやった善が役立つわけではありませんので、「宿善の厚薄と往生が関係ない」と言うのならわかります。
しかし、聖人も「遠く宿縁を慶べ」と言われていますので、「宿善の厚薄と獲信は関係ない」という表現はどうなのでしょうか。
浅学ですので、すみませんがご指導下さい。

投稿: | 2012年3月14日 (水) 16時10分

ここでいう「宿善の厚薄」とは、私の書いた文章を読まれれば判りますが、過去世の善根の厚薄の意味です。

従って

8.宿善について

親鸞聖人 過去世の善根の厚薄と、往生・獲信とは関係ない
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - - -
高森会長 過去世の善根の薄い者が、そのままで往生・獲信することはありえない

と敢えて書いています。

投稿: 飛雲 | 2012年3月14日 (水) 23時05分

私はもちろん飛雲さんの書かれる文章の中での言葉の定義や文脈、言わんとされていることを踏まえていますが、少し引っかかってしまいました。
返答有り難うございます。

投稿: | 2012年3月15日 (木) 11時45分

久しぶりのコメント。

漸く内容証明郵便も送ることができました。
あれからすぐに風邪をひいてしまい、手間取りましたがやっと親鸞会から開放されそうです。
色々ありがとうございます。

投稿: speed | 2012年3月15日 (木) 15時04分

speed 様

今度こそ、退会してください。
断りきれない人から搾取し続けることしか考えていませんので、退会は早いほどよいです。

投稿: 飛雲 | 2012年3月16日 (金) 20時44分

後の名無し 様

以下を参考にしてください。

『顕真』「宿善と聴聞と善のすすめ」の誤り28
http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-bd79.html

『顕真』「宿善と聴聞と善のすすめ」の誤り29
http://hiun.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-d01c.html

投稿: 飛雲 | 2012年3月16日 (金) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仏及び仏の化身方の仰せと、高森会長の主張との違い | トップページ | 白道の意味さえ知らない高森会長 »