« 下品下生の往生さえ知らない高森会長 | トップページ | 解釈も信心も基準は親鸞聖人であって、私ではない »

2012年2月 7日 (火)

善知識方が「他の方便なし」と教えられているのに、まだ反抗するのですか?

親鸞会が善の勧めの根拠として、最近よく言うのが、東西本願寺の伽藍建立の際に全国の門徒がした”布施”です。伽藍建立の布施を勧めておいて、善の勧めがない筈がない、と本願寺の体験談を根拠としているのですから、情けないものです。聖教上の根拠がないから、そんなことを根拠としなければならないのです。一応言っておきますと、東日本大震災の復興のためにと、一般の人が寄付をするのと同じで、それと往生・獲信とは関係ないのです。関係があると考えること自体が、無知の証拠です。

さて、『観無量寿経』に説かれた三福(行福・戒福・世福)と九品との関係は、次のようになります。

「上品上生」「上品中生」「上品下生」は、行福を行じている善人
「中品上生」「中品中生」は、戒福を行じている善人
「中品下生」は、世福を行じている善人
「下品上生」「下品中生」「下品下生」は、無三福の悪人

無三福の悪人に対して釈尊が勧められているのは、定善でも散善でもない本願力回向の念仏です。
これを善導大師の弟子であった懐感禅師は『釈浄土群疑論』で

『観経』の下品上生、下品中生、下品下生の三処の経文には、みなただ弥陀仏を念じて浄土に往生すと陳ぶ。

と言われました。それを承けられて源信僧都は『往生要集』

『観経』に「極重の悪人は、他の方便なし。ただ仏を称念して、極楽に往生することを得」と。

と言い換えられました。前回述べましたように、下品下生の「極重の悪人」には、念仏以外の方便は全くないのです。逆に言えば、善人には念仏以外の方便があるということです。「定善の機」には定善、「上品上生」から「中品下生」までは三福が説かれていますので、善人には諸善という方便があるということです。

『往生要集』のこのお言葉は、『教行信証』行巻にも引かれていますが、『高僧和讃』源信讃にも

極悪深重の衆生は
 他の方便さらになし
 ひとへに弥陀を称してぞ
 浄土にうまるとのべたまふ

と親鸞聖人は仰っています。

もちろん『正信偈』には、

極重悪人唯称仏

と書いておられます。

以上を承けられて蓮如上人は『正信偈大意』

「極重悪人唯称仏」といふは、極重の悪人は他の方便なし、ただ弥陀を称して極楽に生ずることを得よといへる文のこころなり。

と仰っています。

源信僧都、親鸞聖人、蓮如上人は読解力の乏しい親鸞会会員のために、「極重の悪人」に対しては、「他の方便なし」と19願の方便は不要と、直接的な表現で仰っています。

ところで、聖道門の学僧達は、『観無量寿経』を解釈して、善のできない悪人には劣行である念仏が説かれてあるが、釈尊の本意は勝行である諸善を勧められているとしました。

それに対して善導大師は『散善義』の深心釈の中で二種深信の次に

また決定して深く、釈迦仏、この『観経』の三福・九品・定散二善を説きて、かの仏の依正二報を証讃して、人をして欣慕せしめたまふと信ず。

と仰っています。七深信中の第三深信と呼ばれるものです。ここで、釈尊は浄土を欣慕せしめるために『観経』で諸善を説かれたのだと仰っています。もちろん、浄土を欣慕していない聖道門の人(善人)に対してです。

親鸞聖人はこの善導大師の深心釈を承けられて、19願、定散二善は、聖道門の人を浄土門に誘引するためのものであり、実践しても化土往生しかできない、と要門釈で解説され、浄土門に入った「定散の諸機」も18願他力念仏に帰せよ、と結論付けられたのです。それで『往生要集』のお言葉に「定散の諸機」を加えられて、要門釈の最後

『観経』の定散の諸機は、極重悪人、ただ弥陀を称せよと勧励したまへるなり。濁世の道俗、よくみづからおのれが能を思量せよとなり、知るべし。

とされたのです。「極重の悪人」には他の方便がありませんが、「定散の諸機」には他の方便があります。その「定散の諸機」に対しても、結論は「ただ弥陀を称せよと勧励したまへるなり」なのです。「よくみづからおのれが能を思量せよとなり」と、その理由を付け加えておられます。「定散の諸機」と言っても、龍樹菩薩や天親菩薩と比べたならば、能力はたかが知れているではありませんか。龍樹菩薩や天親菩薩という大変に優れた方でさえも、18願の念仏に帰依されたのです。
そのことを『正像末和讃』

像法のときの智人も
 自力の諸教をさしおきて
 時機相応の法なれば
 念仏門にぞいりたまふ

と仰ったのです。従って、善人にも結局は念仏を勧められているのだということです。

ましてや悪人を自覚するなら、善に拘ること自体が頓珍漢な話です。「像法のときの智人」である龍樹菩薩や天親菩薩以上の善人と自惚れているなら、何を言っても無駄でしょうが。

|

« 下品下生の往生さえ知らない高森会長 | トップページ | 解釈も信心も基準は親鸞聖人であって、私ではない »

コメント

amazonで「歎異抄をひらく」のびっくりレビュー発見しました。


歎異抄をひらく
高森 顕徹著
4 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 10冊買いました!, 2012/1/21
レビュー対象商品: 歎異抄をひらく (単行本)
先輩に、自分でたくさん買うように言われたので10冊買いました。本棚が1段まるまるこの本になった感じですが、たいへんありがたい気持ちになりました。友だちにあげて無くなったら、また10冊買おうと思います。いろいろ生きることに悩むより、まず行動です!本を買ったり、人にあげたりして忙しくしていると、人生のいろんなことを疑問に思って、思いわずらう気持ちが薄れます。射水市の本山で知り合った仲間たちも、近所の同じ書店で毎回10冊くらいずつ買っているようです。そしたらある日、この本が平積みになっていました!教えが広まっているっていうことですよね。感激しました。ちょっと忙しくて、大学留年しちゃいましたけど、まあいいです。長い目でみれば、信心が確かなものになることのほうが重要ですよね。

投稿: | 2012年2月 9日 (木) 13時48分

名無し 様

皮肉かと思いましたが、本気のようで、びっくりです。
でも、これ読んで良いイメージを持つ人があると思ったのでしょうかね。

投稿: 飛雲 | 2012年2月10日 (金) 21時29分

いや、これは明らかに皮肉でしょ。

なんかせっかく普通に批判してる人がいるんだからこんな低レベルなのはかえって迷惑としか言えないなあ。個人的に。

投稿: | 2012年2月12日 (日) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下品下生の往生さえ知らない高森会長 | トップページ | 解釈も信心も基準は親鸞聖人であって、私ではない »