« おほよそ疑謗の輩は少なく、信順の族はおほし | トップページ | 「定散と逆悪とを矜哀して」の意味さえ知らない高森会長 »

2012年1月16日 (月)

善人が存在しないとは、外道の主張か幼稚な発想

悪人正機だから全人類が悪人だ、とか、五逆謗法の者でも漏らさない誓いだから全人類が五逆謗法の者だ、という幼稚な発想をするのが親鸞会です。
日本語が少しでも判れば、こんな初歩的な勘違いはしないものです。

悪人正機とは、善人傍機のことです。『歎異抄』だけしか読んだことがない無教学の高森会長と会員が知らないのも無理はありませんが、『口伝鈔』には次のようにあります。

一 如来の本願は、もと凡夫のためにして聖人のためにあらざる事。

 本願寺の聖人(親鸞)、黒谷の先徳(源空)より御相承とて、如信上人、仰せられていはく、「世のひとつねにおもへらく、悪人なほもつて往生す、いはんや善人をやと。この事とほくは弥陀の本願にそむき、ちかくは釈尊出世の金言に違せり。そのゆゑは五劫思惟の苦労、六度万行の堪忍、しかしながら凡夫出要のためなり、まつたく聖人のためにあらず。しかれば凡夫、本願に乗じて報土に往生すべき正機なり。凡夫もし往生かたかるべくは、願虚設なるべし、力徒然なるべし。しかるに願力あひ加して、十方衆生のために大饒益を成ず。これによりて正覚をとなへていまに十劫なり。これを証する恒沙諸仏の証誠、あに無虚妄の説にあらずや。しかれば御釈にも、〈一切善悪凡夫得生者〉と等のたまへり。これも悪凡夫を本として、善凡夫をかたはらにかねたり。かるがゆゑに傍機たる善凡夫、なほ往生せば、もつぱら正機たる悪凡夫、いかでか往生せざらん。しかれば善人なほもつて往生す、いかにいはんや悪人をやといふべし」と仰せごとありき。

18願を悪人正機と言われるのは、悪凡夫が正機で善凡夫が傍機、という意味です。全人類が悪人ということではなく、全人類の中で悪人を正機とし、全人類の中で善人を傍機とするということです。当然ながら、善人がいて、悪人がいるのです。

こんな事さえも理解できないとは、情けない限りですが、実際に理解できないのです。
同じことですが、五逆謗法の者でも助ける、ということは五逆謗法の者ではない者も助けると言うことで、五逆謗法の者ではない者がいるということです。

『御文章』で言えば、

つぎに「本願名号信受して寤寐にわするることなかれ」といふは、かたちはいかやうなりといふとも、また罪は十悪・五逆、謗法・闡提の輩なれども、回心懺悔して、ふかく、かかるあさましき機をすくひまします弥陀如来の本願なりと信知して(1帖目第2通

ただ阿弥陀如来を一心一向にたのみたてまつりて、かかる十悪・五逆の罪人も、五障・三従の女人までも、みなたすけたまへる不思議の誓願力ぞとふかく信じて(2帖目第10通

それ、弥陀如来の念仏往生の本願(第十八願)と申すはいかやうなることぞといふに、在家無智のものも、また十悪・五逆のやからにいたるまでも、なにのやうもなく他力の信心といふことをひとつ決定すれば、みなことごとく極楽に往生するなり。 (3帖目第3通

さて弥陀如来の超世の大願はいかなる機の衆生をすくひましますぞと申せば、十悪・五逆の罪人も五障・三従の女人にいたるまでも、みなことごとくもらさずたすけたまへる大願なり。(3帖目第5通

しかれば、それ阿弥陀如来は、すでに十悪・五逆の愚人、五障・三従の女人にいたるまで、ことごとくすくひましますといへることをば、いかなる人もよくしりはんべりぬ。(3帖目第7通

これによりて、いかなる十悪・五逆、五障・三従の女人なりとも、もろもろの雑行をすてて、ひたすら後生たすけたまへとたのまん人をば、たとへば十人もあれ百人もあれ、みなことごとくもらさずたすけたまふべし。(5帖目第8通

まづ機をいへば、十悪・五逆の罪人なりとも、五障・三従の女人なりとも、さらにその罪業の深重にこころをばかくべからず。(5帖目第15通

とありますが、「までも」「いたるまでも」「なりとも」とあることから、最低の者までの範囲を示されているのであって、最低の者とは違うその上の者が当然いることが前提にあります。国語の常識ですが、それさえもないのです。
それでも屁理屈をいうでしょうから同じく蓮如上人のお言葉で、『正信偈大意』には

されば定散の機をも五逆の機をも、もらさずあはれみたまひけりといふこころなり。

とあります。「五逆の機」とは別に「定散の機」があるのです。
実に明快な話で、善人と悪人とが実際に存在することを善知識方は当たり前のこととして仰っているのです。その当たり前のことが理解できないのですから、驚きです。

もっと直接的なお言葉で言えば、法然上人は『勅伝』第二十一に、

上人の給はく、「口伝なくして浄土の法門を見るは、往生の得分を見うしなふなり。其故は極楽の往生は上は天親竜樹をすすめ、下は末世の凡夫十悪五逆の罪人まですすめ給へり。しかるをわが身は最下の凡夫にて、善人をすすめ給へる文を見て、卑下の心おこして、往生を不定におもひて、順次の往生を得ざるなり。しかれば善人をすすめ給へる所をば善人の分と見、悪人を勧め給へる所をば我分と見て得分にするなり。かくのごとくみさだめぬれば、決定往生の信心かたまりて、本願に乗じて順次の往生をとぐるなり。」

です。善人の代表として龍樹菩薩・天親菩薩の名前を挙げられています。

自力で初歓喜地まで到達せられた龍樹菩薩のことを悪人と呼ぶのは、親鸞会と外道だけでしょう。ちょっと考えれば、善人が実在することくらいは容易に判る筈なのに、高森会長の妄想顛倒では判らないだけのことです。

|

« おほよそ疑謗の輩は少なく、信順の族はおほし | トップページ | 「定散と逆悪とを矜哀して」の意味さえ知らない高森会長 »

コメント

もはやあまりにも明快ですが、無宿善の親鸞会学徒は、善知識方の仰せを捻じ曲げずには聞けないのでしょうね。自分の考えに合わせてしか理解できないのを邪見というのです。龍樹菩薩は自力で不退転位まで登られた聖者です。地獄には絶対に落ちないとご本人も知っておられました。「必堕無間の一大事」を自力で解決された後で、本願を聞かれたのです。
親鸞会員は、自分自身を逆謗と反省するのはよいですが、他人を逆謗の地獄行きと思うのは親鸞会教義から言っても間違いではないでしょうか。

投稿: | 2012年1月17日 (火) 20時36分

名無し 様

会員は、会長の言葉しか信じないのです。善知識方の仰せは、会長の言葉を補うために利用されているに過ぎないと思っているのでしょう。
ですから、浄土真宗と親鸞聖人のお名前を使うな、と言っているのです。
どこから見ても、矛盾の塊です。

投稿: 飛雲 | 2012年1月17日 (火) 21時25分

間違いだったらすみません。
龍樹菩薩は自力で不退転まで悟れるところをあえて他力往生を取られたんではなかったでしたっけ?
小釈迦とも言われる龍樹菩薩をも必堕無間の仲間に入れるような出鱈目な教えはけしからんです。

投稿: | 2012年1月17日 (火) 22時11分

後の名無し 様

曇鸞大師の『讃阿弥陀仏偈』に

伏して承るに尊(龍樹)、歓喜地を悟りて、阿弥陀に帰して安楽に生ぜり。

とあります。龍樹菩薩は、歓喜地の位にあって、阿弥陀仏に帰依して浄土に往生されたということです。
龍樹菩薩までも自分と同じだという傲慢さが、高森会長にはあるのです。

投稿: 飛雲 | 2012年1月17日 (火) 22時42分

そうでしたか。勘違いしてたようです。
お答え頂き有難うございます。

投稿: | 2012年1月18日 (水) 01時33分

私は自分を五逆謗法の者と思っていません。飛雲さんも五逆謗法の者だとは思っていません。

この認識は間違いでは無いということですね。

投稿: | 2012年1月19日 (木) 09時56分

龍樹菩薩が自力で出離したということは機の深信は全人類にあてはまるものではないということですか? (まぁ今の時代限定だと全人類に当てはまるだろうと個人的には思いますが)

投稿: 質問者 | 2012年1月19日 (木) 11時31分

三番目の名無し 様

その認識で問題ないです。


質問者 様

「親鸞会の邪義を正す」
会員との問答(機の深信と罪悪観との違いについて)
http://blog.livedoor.jp/sutybi/archives/3289364.html

ここに書いておきましたので、読んでみてください。

投稿: 飛雲 | 2012年1月19日 (木) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おほよそ疑謗の輩は少なく、信順の族はおほし | トップページ | 「定散と逆悪とを矜哀して」の意味さえ知らない高森会長 »