« 三願転入の文の意義 | トップページ | 「他の方便なし」とは、「迂回の善」なし »

2011年11月22日 (火)

年々レベルの下がる講師試験

2chの親鸞会スレッドに、先日行われた講師試験の問題が載っていました。退会者による解説も付いています。
これまでに論破された親鸞会の邪義を、どうやって会員を騙して刷り込むのかに、必死になっている様子が窺えます。

解説部分の書き込みだけ紹介しておきます。

743 :神も仏も名無しさん:2011/11/21(月) 20:51:58.05 ID:pl7PRu6g
>>735
すげー、これが今回の講師試験かよ。
レベルがだんだん下がってきたね。

>2 諸仏を捨てて、阿弥陀如来一仏に向くことが、諸仏が最も喜ばれるのだと
  御文章で蓮如上人はどのように教えておられるか、書け。

これはさ、「諸仏を捨てて」とともに「諸善もすてて」があるんだよね。
諸善を捨て阿弥陀如来一仏に向くことが、諸仏が最も喜ばれること。
墓穴掘ってるね。

745 :神も仏も名無しさん:2011/11/21(月) 20:55:17.58 ID:pl7PRu6g
>7 私は方便は必要ない、関係ない、真実だけ聞いておればよいのだというものを親鸞聖人の
>  お言葉で破邪せよ。根拠も書け。
>
>8 蓮如上人は三願転入の教えを説いておられないというものを、
>  蓮如上人のお言葉で破邪せよ、根拠も示せ。
>
>9 蓮如上人が雑行を捨てよといわれている相手はどんなものか。二つ書け。

これは「飛雲」で徹底的に論破された内容だけど、よくも平気な顔して書いているね。
親鸞聖人、蓮如上人が、18願だけと言われているんだよね。
雑行をせよ、なんて、馬鹿森しか言ってないのよね。

749 :神も仏も名無しさん:2011/11/21(月) 20:57:53.60 ID:pl7PRu6g
>10 いつ、どこで、どのように、誰のもとで獲信したという体験談を
>   なぜ親鸞学徒は語らぬか、語ってはならぬか、聞いてはならぬか。
 

これもどんな感覚で言っているのかね。
アニメに、親鸞聖人と韋提希が、いつ、どこで、どのように、誰のもとで獲信したという体験談を
描いているけど。語ってはならぬのなら、アニメを破棄せよ、ってことだよね。

バカじゃないの。

750 :神も仏も名無しさん:2011/11/21(月) 21:01:00.04 ID:pl7PRu6g
>3 御文章で、蓮如上人が多く書かれている、たのむは、祈願請求の意でなく、
  あてにする、力にする、憑みにするという意味であることを、御文章の他の文で例示せよ。
 

「祈願請求の意でなく」は、親鸞会では初めて聞いた表現だね。

「飛雲」をパクッていることが丸分かりの問いだね。
「飛雲」を相当に意識しながら、「飛雲」での批判をどうやって誤魔化すかに
必死になっているようで、笑える。

753 :神も仏も名無しさん:2011/11/21(月) 21:05:11.50 ID:pl7PRu6g
>6 阿弥陀仏に救われた人の一貫した、仏恩報謝の道を教えられた
  善導大師と親鸞聖人のお言葉を書け。
 

大悲を捻じ曲げて伝え普く騙している会長は、阿弥陀如来に救われていないという
ことを言いたいのかな?

802 :神も仏も名無しさん:2011/11/22(火) 07:10:50.12 ID:RphGwKEX
>5 八方の総攻撃に親鸞聖人はどう反撃されているか。
  教行信証信巻で書け。
 

しかるに末代の道俗、近世の宗師、自性唯心に沈みて浄土の真証を貶す、
定散の自心に迷ひて金剛の真信に昏し。

絶対の幸福などとあり得ないものを求めて浄土真宗を貶し、
善をしなければ信仰は進まない、三願転入の教えと言って19願定散の自心に
迷って18願金剛の真信にくらい

親鸞聖人が親鸞会を非難されたお言葉だね。

803 :神も仏も名無しさん:2011/11/22(火) 07:16:43.70 ID:RphGwKEX
>1 死んだらどうなるか、分からないことが、全人類を苦しめる重しになっていることを、
  親鸞聖人は、正信偈にどのように仰言っているか。
 

生死輪転の家に還来することは、決するに疑情をもつて所止となす。

疑情とは18願だけでは救われないという心。善が不要と誓われた18願を疑って
善をしなければ、19願を実践しなければ、宿善を厚くしなければ救われないと
阿弥陀仏の本願力回向を疑っているから、親鸞会会員を苦しめる重しになっていると
親鸞聖人は仰っているんだね。

さて、当ブログの読者の方にはこれ以上の解説は必要ないかもしれません。
しかし、高森邪義が染みついている会員のために、少しだけ説明しておきます。

金集め人集めを正当化させるには、”善の勧め”が絶対に必要不可欠です。それで”善の勧め”が親鸞聖人の教えと騙すための設問がいくつもあります。

釈尊は機に応じて八万四千の法門と言われる教えを説かれました。それを対機説法といいます。しかし、高森会長も説明しているように釈尊の結論は『正信偈』の

如来所以興出世
唯説弥陀本願海

です。18願1つと親鸞聖人は断言なされている訳です。これを『一念多念証文』で言葉を替えられて

しかれば『大経』には、「如来所以 興出於世 欲拯群萌 恵以真実之利」とのたまへり。
この文のこころは、「如来」と申すは諸仏を申すなり。「所以」はゆゑといふことばなり。「興出於世」といふは、仏の世に出でたまふと申すなり。「欲」はおぼしめすと申すなり。「拯」はすくふといふ。
「群萌」はよろづの衆生といふ。「恵」はめぐむと申す。「真実之利」と申すは、弥陀の誓願を申すなり。
しかれば諸仏の世々に出でたまふゆゑは、弥陀の願力を説きて、よろづの衆生を恵み拯はんと欲しめすを、本懐とせんとしたまふがゆゑに、真実之利とは申すなり。
しかればこれを諸仏出世の直説と申すなり。

と仰っています。ただし、これだけでは聖道門を信じている人、諸行往生19願を信じている人は当然怒るので、その補足説明としてこの後に

おほよそ八万四千の法門は、みなこれ浄土の方便の善なり。これを要門といふ。これを仮門となづけたり。
この要門・仮門といふは、すなはち『無量寿仏観経』一部に説きたまへる定善・散善これなり。定善は十三観なり、散善は三福九品の諸善なり。これみな浄土方便の要門なり、これを仮門ともいふ。この要門・仮門より、もろもろの衆生をすすめこしらへて、本願一乗円融無碍真実功徳大宝海にをしへすすめ入れたまふがゆゑに、よろづの自力の善業をば、方便の門と申すなり。

と仰っているのです。

釈尊は様々な教えを、機に応じて聖道門、定散二善と説かれたけれども、それらは最終的には18願他力念仏へ導くための方便の教えですよ

ということです。聖道門を信じている人も、諸行往生を信じている人も、最後は念仏往生の教えによらなければなりませんよ、というだけのことです。
これが、どんな人も善という方便を通らなければ、18願まで辿りつけませんよ、と解釈するから、馬鹿にされるのです。

龍樹菩薩のように、自力で出離できる方もあれば、泥棒さえやめられない耳四郎のような根っからの悪人もいるのです。外道の教えを信じている人、聖道門を信じている人、法律上の悪さえもやめられない人、これら皆同じ方便だと思っているなら、対機説法の意味さえ判っていないのです。

親鸞聖人は源信僧都の仰せを承けられて『高僧和讃』源信讃

極悪深重の衆生は
 他の方便さらになし
 ひとへに弥陀を称してぞ
 浄土にうまるとのべたまふ

と仰っています。蓮如上人も『正信偈大意』

「極重悪人唯称仏」といふは、極重の悪人は他の方便なし、ただ弥陀を称して極楽に生ずることを得よといへる文のこころなり。

と教えてくだされています。「極悪深重の衆生」「極重の悪人」には、「他の方便さらになし」で、善と言う方便、つまり聖道門、定散二善という方便は最初からないのです。最初から最後まで「ひとへに弥陀を称して」だけです。

蓮如上人が19願について触れられていないのも、雑行を捨てよとしか仰っていないのも、「ただ弥陀を称して極楽に生ずることを得よ」だからです。

雑行が問題になっていない人には、蓮如上人が雑行をせよと勧められていた筈だ、という文底秘沈の妄想は、夢の中だけで語ればいいのです。

|

« 三願転入の文の意義 | トップページ | 「他の方便なし」とは、「迂回の善」なし »

コメント

教学の批判はもっともだと思いました。その上で、2ちゃんねるを引っ張ってきたり、レベルが高い低いを話題にしていることで、若干疑問を感じます。教えを実践しようとして良い行動に努めようとしている会員さんに敬意を持って誤りを指摘してはどうでしょうか。金や人集めは善と呼べるものではありませんが。

投稿: | 2011年11月23日 (水) 20時42分

名無し 様

本当は、講師試験全文を掲載して、1つ1つ解説すればいいのですが、著作権侵害を楯にして訴えてくることも考慮しなければなりません。それで敢えて間接的な書き込みを紹介しているのです。
オウム程ではないにしても、親鸞会を攻撃する時には、ある程度のリスクを覚悟しなければなりませんので、その点は御了解ください。

なお、レベルが高いとか低いとかは、問題外です。教え自体が間違っているのですからね。タイトルにレベルのことを入れたのは、それで会員の興味をひかせる意図がありました。実際に今回のエントリーのアクセス数は、他のエントリーよりも多いです。

投稿: 飛雲 | 2011年11月23日 (水) 21時08分

信心決定の日時を言うなとは、土蔵秘事か?

投稿: ベタ男 | 2011年11月24日 (木) 12時40分

諸善をすてるには、一度、諸善を励まねば、捨てることは、出来ないから、という、方便を通れ、ということか。

投稿: ベタ男 | 2011年11月24日 (木) 14時45分

それとも、聴聞に極まるで、宿善開発待ちで、信心決定するのを、待つのか。しかし、聴聞なしで、念仏一つという、教えでは、ないだろう。聞即信の一念だろう。

投稿: ベタ男 | 2011年11月24日 (木) 14時48分

ベタ男さん

信心決定の日時をうるさく言うのが土蔵秘事、一念の体験をうるさく言うのが高森秘事。
諸善と言う方便は、悪人には不要ですよ。
聴聞も念仏も同じで、捨自帰他です。

投稿: どんちゃん | 2011年11月24日 (木) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三願転入の文の意義 | トップページ | 「他の方便なし」とは、「迂回の善」なし »