« 世間・出世間の悪道を説いているのが親鸞会 | トップページ | 会員との問答(19願、諸善について) »

2010年12月 1日 (水)

なぜ、高森会長や講師部員はあんなに傲慢なのか?

高森会長と講師部員の傲慢さは、目に余るものがあります。真実を知っている者は自分達以外にはいない、と他人を見下し扱き下ろしている態度は、カルトと呼ばれる宗教に共通するものです。

法然上人は「七箇條の起請文」で、次のように教えておられます。

 まことしく、念仏を行じて、げにげにしき、念仏者に、なりぬれば、よろずの人を見るに、皆、我が心には、おとりて、あさましく、わろければ、我が身の、良きままに、我はゆゆしき、念佛者にてあるものかな。誰々にも、優れたりと思うなり。此の心をば、よくよく、慎むべき事なり。
 世も広く、人も多ければ、山の奥林の中に籠もり居て、人にも知られぬ念仏者の、貴く目出度き、さすがに、多く有るを、我が聞かず知らぬにてこそあれ。
 されば、われ程の念仏者よもあらじと思う、假事なり。此の思いは、大驕慢にてあれば、即ち三心も、かくるなり。又其れを、頼りとして、魔縁の来たりて、往生を妨ぐるなり。
 これ我が身の、いみじくて、罪業をも滅し、極楽へも、まいることならばこそあらめ。偏に、阿弥陀仏の願力にて、煩悩をも、のぞき、罪業をも、消して、かたじけなく、手ずから自ら、極楽へ迎えとりて、帰らせましますす事也。
 我が力にて、往生することならばこそ、我賢しという、慢心をばおこさめ。
 驕慢の心だにも、起こりぬれば、心行必ず、誤る故に、たちどころに、阿弥陀仏の願に、背きぬる者にて、彌陀も諸佛も、護念し給はず。
 さるままには、悪鬼の、為にも、悩まさるる成り。返す返すも慎みて、驕慢の心を、興すべからず。あなかしこあなかしこ。

大意は、

もっともらしい念仏行者になると、他人を見て自分よりも劣った甚だ至らぬ人のように見下し、自分だけが真実に精進している立派な者であると自負して、誰よりも勝れていると思うようになる。このように慢心をおこすことを、よくよく慎まねばならない。
世間は広いし人も多いので、尊く立派な念仏者が実は多いことを知らないだけのことである。
従って自分程に勝れた念仏行者は他にいないと思うのは間違いである。このように自分だけが勝れていると思うのは大驕慢であって三心を欠いた真実信心ではない人である。
もし驕慢の心を起こすと、その人の往生妨げることになる。
それはわが身の勝れた修行によって罪業が滅せられ、極楽往生ができるのであると考えるからである。
そうではなくて阿弥陀仏のお力によって、煩悩を除いて罪業を消すことができ、私を極楽浄土に連れ帰って下さるのである。
自分の力によって往生できると思っているから、自分が勝れていると思う慢心を起こすのである。
もし驕慢の心を起こしたとすると行も信も全く違ったものになり、そのまま阿弥陀仏の本願に背くことになって阿弥陀仏も諸仏も護念して下さらないのである。
くれぐれも驕慢の心を起こしてはならない。

ということです。
まさに高森会長と講師部員に対して仰ったお言葉です。親鸞会では、阿弥陀仏に救われるのに自力一杯求めよと教えているのですから、そこまで求めた自分が偉いのだと錯覚するのは当然です。これは他力信心の何たるかも全く判っていない異安心者の思い上がりです。

ある会員が支部長に、「親鸞会に何十年もいるのに、どうして救わないのですか」と質問したところ、その支部長は鼻で笑いながら、「そんな求め方で、救われる訳がない」と言ったそうです。高森会長がいつもそのように言っていますし、この支部長からすれば、「自分でさえ救われていないのに、お前のような者が救われるか」というのが本心でしょう。こういう支部長のことを

邪見驕慢悪衆生

というのです。このように言えば、「邪見驕慢の悪衆生でない者がこの世のどこにいるのだ」と言い返してくるでしょうが、それを「邪見驕慢」といわれているのです。
阿弥陀仏のお力を疑っているから、他力の救いを知らないから、自力に拘って邪見になり驕りたかぶって他人のことを見下すのです。

逆謗にしてもそうですが、自分が逆謗だから、全人類が逆謗だと考えるのは、実に浅はかです。万引きで捕まったものが、「この店の客は全員万引きをしている」と喚いているようなものです。

では、親鸞会が自惚れることののできるような処が少しでもあるかと言えば、全くありません。

  • 最高の教学を備えている筈の高森会長に法論を申し込めば無視
  • こちらが挑発して講師部員に法論を仕掛けると会長が隠れて参加するも途中で逃走
  • 会員には誤解するからと聖教の拝読を禁止
  • 二種深信の解釈が間違っている高森会長は異安心といっても言い返すことすらできない

教義も安心も超低レベルの親鸞会が何を勘違いして高慢な態度をとっているのでしょうか。単に小さな公園にある遊具の山に登って大将を気取っているだけのことです。

偽りのある看板ではあっても、浄土真宗を名乗るのであれば、せめて世福の意味くらいは知っておいて欲しいものです。仁・義・礼・智・信に心掛けていれば、異安心団体であっても、高慢な態度を表面上は改めることができるのでしょうが、外道親鸞会には無理な注文です。

またせっかく遊具の山から降りた人でも、他の公園の山に登って他人を見下していては仕方がありませんので、仏法者であるならば、信前も信後も往生とは関係なく、世福に努めるべきです。
これが親鸞聖人の教えにおける本当の善の勧めです。

|

« 世間・出世間の悪道を説いているのが親鸞会 | トップページ | 会員との問答(19願、諸善について) »

コメント

初めてコメント失礼します。

親鸞会では会員の事を「学徒」と呼びますが、これは親鸞会会員のみが親鸞聖人のみ教えを聞いている、という傲慢からきていると思います。
また「会員」と呼ばれていた時から会員になっていない人を「非会員」から「未会員」に改めました。
非と未では意味合いが違いますね。
未は未達成とか未納入という様に、〇〇される事を前提としている、〇〇される事が望ましい時に未〇〇と使われると思います。
この言い方も「親鸞会以外では助からない」という傲慢からきていると思います。
未学徒なんか最たるものだと思います。
私は現役会員の時にも「学徒」とか「未会員」という呼び方をしたくないので「会員」とか「非会員」と呼んでいました。
最近使われ始めた「縁正」という呼び方も傲慢からきていると思います。

投稿: ひろし | 2010年12月 2日 (木) 06時35分

法然上人のお言葉は素晴らしいです。
私の間違いを教えてくれる。
有難い。

投稿: 影楼 | 2010年12月 2日 (木) 22時03分

ひろし 様

会長は、自分だけが正しい、自分のいうことに全て従え、という考えですから、傲慢以外の何物でもありません。


影楼 様

念仏者の端くれとして、法然上人のお言葉を肝に銘じていかなければならないと思います。

投稿: 飛雲 | 2010年12月 4日 (土) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世間・出世間の悪道を説いているのが親鸞会 | トップページ | 会員との問答(19願、諸善について) »