« 私は『末灯鈔』を読んだことがありません、と高森会長が告白 | トップページ | 五逆のつみびとをきらひ、誹謗のおもきとがをしらせんとなり »

2010年3月19日 (金)

諸行を廃してただ念仏を用ゐるがゆゑに一向といふ

20年以上の会員さんから、相談を受けました。

最近、因果の道理と善をせよの話ばかりで、流石におかしいと思い始めた

というものです。
「親鸞会教義の誤り」親鸞会は諸行往生13

にも紹介されていますが、

●はずがない(雑行)
 善行をやっていない人に、
「これだけ善をやっているのだから、死んでも悪い処へは行かないだろう」
(こんな心でやっている善行を雑行と言う)
などと言う心があるはずがない。
 そんな心のない人に
「その心(雑行)を捨てよ」
 といわれるはずもない。
 ないものを捨てよ、と言われるはずがないからである。
 善行をやっている人にのみ、雑行といわれるものがあるのである。

をやたらと強調するというのです。
このトリックについては、「親鸞会教義の誤り」にも書かれていますが、別の角度から説明してみましょう。

覚せい剤をやめるようにいうのは、覚せい剤をしている人に対してと、今後手を出す人がいるかもしれないから警告しているのです。覚せい剤をやっていない人に覚せい剤を試してからやめろと言われているのではありませんね。

飲酒運転をやめるようにいうのは、未だに飲酒運転をしている人に対してと、今後飲酒運転をする人が現われないようにするためです。飲酒運転をしたことがない人に対しても、今後もしないようにということですね。

自殺をやめるようにいうのは、自殺した人に対してでないのは明らかで、今後自殺をする人が現われないようにしようというものです。

雑行を捨てよといわれているのは、雑行をしている人(聖道門や19願を信じている人)に対してと、18願での救いを求めていながら善に縋ろうとしないように誡るためです。雑行をさせてから雑行を捨てよという頓珍漢な話ではないです。

会長の御粗末な詭弁です。

また、顕正新聞では、漫画まで使って、

善を捨てよというのは、自力の心を捨てよということだ、

と解説していますが、獲信と善との関係については一切触れていません。このあたりが汚いところですね。
以前にも書きましたが、獲信と関係がないと思って、善をするのは大いに結構です。
ところが、自分のした善が

宿善になる
獲信の因縁になる
善をしなければ信仰が進まない
命懸けで善をしなければ善のできない自分と知らされない

などという考え方をしたら、それが自力なのです。その間違った考えである自力を捨てよと言われているのです。

親鸞聖人は、善に向かっている親鸞会の会員に対して、

迂回の善

と仰っているのです。なぜなら善に向かっている間は阿弥陀仏に向かえないからです。

以前にも「一向」について述べました。

一向専念?
弥陀一仏を念じたてまつるほかに二つをならぶることなかれ

に、蓮如上人と存覚上人のお言葉を紹介しました。

法然上人は『選択本願念仏集』の中で、「一向」について判りやすく解説なされていますので、それを紹介しておきます。

しかるに本願のなかにさらに余行なし。三輩ともに上の本願によるがゆゑに、「一向専念無量寿仏」(大経・下)といふ。
「一向」は二向・三向等に対する言なり。例するにかの五竺(印度)に三寺あるがごとし。一は一向大乗寺、この寺のなかには小乗を学することなし。二は一向小乗寺、この寺のなかには大乗を学することなし。三は大小兼行寺、この寺のなかには大小兼ね学す。ゆゑに兼行寺といふ。まさに知るべし、大小の両寺には一向の言あり。兼行の寺には一向の言なし。いまこの『経』(同・下)のなかの一向もまたしかなり。もし念仏のほかにまた余行を加へば、すなはち一向にあらず。もし寺に准ぜば兼行といふべし。
すでに一向といふ、余を兼ねざること明らけし。すでに先に余行を説くといへども、後に「一向専念」といふ。あきらかに知りぬ、諸行を廃してただ念仏を用ゐるがゆゑに一向といふ。もししからずは一向の言もつとももつて消しがたきか。

阿弥陀仏に向かって善をしているんだ、という会員がいますが、それは法然上人の仰る「兼行」です。「一向」とは、「諸行を廃してただ念仏を用ゐる」です。善を捨てて阿弥陀仏に向かうのです。

兼行」をすることで「一向」できると説く高森会長は、法然上人、親鸞聖人、蓮如上人よりもきっと偉いのでしょう。
というよりも、法然上人、親鸞聖人、蓮如上人の教えられたことを何も知らない無知なだけです。もちろん、『選択本願念仏集』を読んだことがある筈もないでしょうし。

善知識方のお言葉は知らない、知っていても断章取義、あとは会長に都合のよい珍理論

だから浄土仏教とは根本的に違いますので、教団名から「浄土真宗」「親鸞」をとってくださいよ、本当に。

|

« 私は『末灯鈔』を読んだことがありません、と高森会長が告白 | トップページ | 五逆のつみびとをきらひ、誹謗のおもきとがをしらせんとなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 諸行を廃してただ念仏を用ゐるがゆゑに一向といふ:

« 私は『末灯鈔』を読んだことがありません、と高森会長が告白 | トップページ | 五逆のつみびとをきらひ、誹謗のおもきとがをしらせんとなり »