« 「易往而無人」 | トップページ | 「自力を捨てよ」が「善をせよ」と思う人は無宿善です »

2010年3月 9日 (火)

信心と往生

前回、「易往而無人」について書きましたが、これは信心と往生との関係で教えられています。浄土往生の正因は、真実信心であることを親鸞聖人、蓮如上人は教えられているのです。
ですから、浄土真宗では信心と往生とは対になっています。

『阿弥陀経』の

もし人ありて、すでに発願し、いま発願し、まさに発願して、阿弥陀仏国に生ぜんと欲はんものは、このもろもろの人等、みな阿耨多羅三藐三菩提を退転せざることを得て、かの国土において、もしはすでに生れ、もしはいま生れ、もしはまさに生れん。

を解説されたものが、『安心決定鈔』と『蓮如上人御一代記聞書』に書かれてあります。
『安心決定鈔』と『蓮如上人御一代記聞書』の内容について
「親鸞会教義の誤り」宿善とは3
で述べられていますので、それを引用します。

一 陽気・陰気とてあり。されば陽気をうる花ははやく開くなり、陰気とて日陰の花は遅く咲くなり。かやうに宿善も遅速あり。されば已今当の往生あり。弥陀の光明にあひて、はやく開くる人もあり、遅く開くる人もあり。とにかくに、信不信ともに仏法を心に入れて聴聞申すべきなりと[云々]。已今当のこと、前々住上人(蓮如)仰せられ候ふと[云々]。昨日あらはす人もあり、今日あらはす人もありと仰せられしと[云々]。(307)

このお言葉は蓮如上人が「金を掘り出すような聖教」とまで絶賛されました『安心決定鈔』にあるお言葉を言い換えられたものです。『御一代記聞書』には、『安心決定鈔』からの引用が多数あります。
ここの関連部分を、説明の都合上前後も含めて紹介します。

『安心決定鈔』本

かるがゆゑに仏の正覚のほかは凡夫の往生はなきなり。十方衆生の往生の成就せしとき、仏も正覚を成るゆゑに、仏の正覚成りしとわれらが往生の成就せしとは同時なり。仏の方よりは往生を成ぜしかども、衆生がこのことわりをしること不同なれば、すでに往生するひともあり、いま往生するひともあり、当に往生すべきひともあり。機によりて三世は不同なれども、弥陀のかはりて成就せし正覚の一念のほかは、さらに機よりいささかも添ふることはなきなり。
(中略)
かくこころうれば、われらは今日今時往生すとも、わがこころのかしこくて念仏をも申し、他力をも信ずるこころの功にあらず。勇猛専精にはげみたまひし仏の功徳、十劫正覚の刹那にわれらにおいて成じたまひたりけるが、あらはれもてゆくなり。覚体の功徳は同時に十方衆生のうへに成ぜしかども、昨日あらはすひともあり、今日あらはすひともあり。已・今・当の三世の往生は不同なれども、弘願正因のあらはれもてゆくゆゑに、仏の願行のほかには、別に機に信心ひとつも行ひとつもくはふることはなきなり。

『安心決定鈔』のこれらの部分は、阿弥陀仏が十劫の昔に、本願を成就されているのに、人によって往生の時期に前後ができるのはなぜかということについて書かれたものです。『御一代記聞書』のこの部分は『安心決定鈔』を受けられて記されたのは間違いないでしょう。内容は同じです。

『御一代記聞書』の「已今当の往生あり」のところが、『安心決定鈔』では

すでに往生するひともあり、いま往生するひともあり、当に往生すべきひともあり

已・今・当の三世の往生は不同なれども

ですので、
『御一代記聞書』の「宿善も遅速あり」は、『安心決定鈔』の

仏の方よりは往生を成ぜしかども、衆生がこのことわりをしること不同なれば

覚体の功徳は同時に十方衆生のうへに成ぜしかども、昨日あらはすひともあり、今日あらはすひともあり

に当ります。「ことわりをしる」「あらわす」とありますし、『御一代記聞書』の最後に

昨日あらはす人もあり、今日あらはす人もあり

とありますので、「宿善」とは、信心のことを指していることがお分かり頂けると思います。冒頭の『御一代記聞書』の「宿善」と共通するものです。

つまり『御一代記聞書』では、信心をうることに遅速があるから、已今当の往生がある、と理解できます。

『安心決定鈔』の「ことわりをしる」「あらわす」ことは、自分のやった善とは全く関係ないのです。『安心決定鈔』の、

弥陀のかはりて成就せし正覚の一念のほかは、さらに機よりいささかも添ふることはなきなり

仏の願行のほかには、別に機に信心ひとつも行ひとつもくはふることはなきなり

に、そのことが明確に解説されています。ですから、『御一代記聞書』の「宿善」には、自力的な意味の善は含まれていないのです。

親鸞会で教えているように宿善の厚薄について教えられたものではありませんし、ましてや宿善を厚くするようにという意味はどこにもありません。

とある通りです。信心と往生とが対になって教えられているのであって、親鸞会でいう善と信心、往生との関係でないことは明らかです。
高森会長は、”善”という字があれば、すべて信心と結び付けようとします。本来、それがどんな意味で使われているかなどお構いなしで、”善”という字があるのだから、善をせよということだ、と結論付けるので、まるで小学生並みの思考です。

これまで当ブログでも散々述べてきましたし、「親鸞会教義の誤り」「苦笑の独り言」「21世紀の浄土真宗を考える会」「真偽検証」等のブログでも、高森会長が獲信のための善の勧めという根拠は、1つ残らずすべて否定されています。

あと残されているのは、善知識方の教えとは反する高森理論だけです。

高森理論は、高森教か高森宗でしか通用しませんので、議論になりません。

|

« 「易往而無人」 | トップページ | 「自力を捨てよ」が「善をせよ」と思う人は無宿善です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信心と往生:

« 「易往而無人」 | トップページ | 「自力を捨てよ」が「善をせよ」と思う人は無宿善です »