« 我々の実機 | トップページ | 聞名 »

2010年1月27日 (水)

罪の軽ろき重きをも沙汰せず

親鸞会で長年求めていながら、なぜ信心決定する人が現れないのか。会長の身内も、華光会時代に母親が信心決定したと言われているだけで、他の人は未信。次期会長の長男でさえも、以前に今年こそ信心決定しますと皆の前で決意発表をしながら、未だに信心決定したという報告を聞いたこともない。それどころか、「機相と信相」という真宗史上誰も言ったことのない親鸞聖人のイロハのプリントが配られたりして、長男の未信を隠すのに必死になる程です。上層幹部も信心決定していないとしか聞いたことがありません。

親鸞会の間違いはどこかというよりも、正しいところがどこかを探す方が難しいのですが、信心決定の障碍になっているのは、罪悪を問い詰めることばかりに目を向けていることにあると思います。

親鸞会の教義を鋭く批判して、私も大変お世話になった「苦笑の独り言」に、そのことが明快に説明されています。

「ただ心の善悪をもかえりみず、罪の軽ろき重きをも沙汰せず」「心に往生せんと思いて、口に南無阿彌陀佛と称えては、 声につきて決定往生の思をなすべし」「決定心によりて、すなわち往生の業はさだまるなり」by.法然上人←「二種深信の機の深信」と「罪悪観」とを混同してる人は、これを読んで勉強してね。(4)
今日は、超重要やで!!絶対読んでや!!
 ↓ ↓ ↓
ただ心の善悪をもかえりみず、罪の軽ろき重きをも沙汰せず、
心に往生せんと思いて、口に南無阿彌陀佛と称えては、
声につきて決定往生の思をなすべし。

その決定心によりて、すなわち往生の業はさだまるなり。
かく心えねば、往生は不定なり。

by.法然上人(『勅伝』巻二十二、「御消息」昭法全p.581)

(訳)
ひたすら自らの心が善いか悪いかを問題にせず、
自らが犯してきた罪が軽いか悪いかを論じ定めることをせず、
心では「極楽浄土に往生したい」と思い、口では「南無阿弥陀仏」とお称えして、
そのお念仏の一声ごとに、「間違いなく往生する」(決定往生)という思いを起こしなさい。

その決定心によって、まさしく往生するための行いが定まる。
そのように心得なければ、極楽浄土に往生できるかどうかは定まらない。

 ↑ ↑ ↑
親鸞聖人の師匠の法然上人が、

「ただ心の善悪をもかえりみず、罪の軽ろき重きをも沙汰せず」

と言ってはります。

そんでもって、私達がすべきことが、

「心に往生せんと思いて、口に南無阿彌陀佛と称えては、
 声につきて決定往生の思をなすべし。 」

であると「ビシッ!」っと教えてくださっております。

「決定心によりて、すなわち往生の業はさだまるなり」
  ↑
これが、ほんまにめちゃめちゃ大事なのよん。
親●会関係者諸君は、わかってますか?(苦笑)

「信疑決判」とセットで覚えておいてね。

今日は法然上人のおかげで、親●会の人が、どんだけ頑張っても、
「往生不定」(往生できるかどうかは定まらない)な原因が、
鮮やかにわかりましたね。

本当によかったですね(笑)。

これまで 私が書いてきたことにも関連することです。

善知識の教えられることを素直に聞いて、早く救われてください。

|

« 我々の実機 | トップページ | 聞名 »

コメント

おお!
私の記事が紹介されてるじゃないか!!

このようなブログが増えるのは何よりです。
私もパワーギレ気味ですしね(笑)。

投稿: 苦笑(本物) | 2010年2月 4日 (木) 22時43分

苦笑 様

本当はもっと紹介したいのですが、当ブログの読者はメジャーな「苦笑の独り言」をすでに読んでいる人ばかりでしょうから、くどくなると思いまして、今のところ1つだけにしています。

話の流れの中でまた紹介させて頂くこともありますので、その際は御了承下さい。

投稿: 飛雲 | 2010年2月 5日 (金) 07時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 罪の軽ろき重きをも沙汰せず:

« 我々の実機 | トップページ | 聞名 »