トップページ | 間違いを教えてくれたブログの内容1 »

2010年1月17日 (日)

本当の親鸞学徒として

昨年、20数年に及ぶ親鸞会会員歴に幕を降ろしました。

会員のときは、親鸞会の幹部として必死になって活動し、我こそは親鸞学徒なりの誇りをもっておりましたが、ある切っ掛けで教義の誤りを知りました。

それからというもの、元講師の方、華光会、本願寺等多くの方々から親鸞聖人の教えを聞かせて頂き、自分でも親鸞聖人の御著書を拝読して、会長の教えていることが、ここまでデタラメばかりであったのかと呆れ果て、20数年、偽の親鸞学徒であったことにようやく気が付きました。

それから私の本当の求道が始まり、昨年末に本当の親鸞学徒とならせて頂きました。

親鸞会での道のりは、苦難の連続でした。命懸けとまではいわないまでも人生をかけた求道のつもりであり、おこがましくも、親鸞聖人の比叡山時代と重なって感じらます。そして間違った教えをきっぱり捨て去り、正しい教えに巡り遇えた喜びは、体験したものにしか味わえないでしょう。

現在では親鸞会時代とは全く違った人間関係を構築できた一方で、かつて苦楽を共にした仲間が未だ迷っているのをこのまま見過ごすことはできません。

微力ながらも、このブログを通じて大悲伝普化ができたらいいと思っています。

|

トップページ | 間違いを教えてくれたブログの内容1 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

応援しています すばらしいですね 御同行っていいですね

投稿: | 2010年1月18日 (月) 09時45分

ブログ開設おめでとうございます。
「遇獲行信遠慶宿縁」ですね。
ご活躍を念じております。

投稿: あほうどり | 2010年1月18日 (月) 09時49分

コメント有難うございます。
今まで気が付かなかった親鸞会の間違った教えを知らされることがあり、迷いの深さを感じています。
皆さんと共に、浄土に参らせて頂きます。
今後もよろしく御願いいたします。

投稿: 飛雲 | 2010年1月18日 (月) 20時06分

コメントを頂き、URLからとんできました。
20数年も本当にご苦労様でした。という言い方も失礼な感じがしますが、飛雲さん時代の幹部はそれは大変な活動をされていたと思います。

お互い自信教人信の道を歩ませて頂きましょう。リンク先に追加させて頂きたいと思います☆

投稿: 淳心房 | 2010年1月19日 (火) 12時31分

淳心房 様

リンク有難うございます。
多くの方と、信心を喜び合いたいと願っています。

投稿: 飛雲 | 2010年1月19日 (火) 13時10分

応援してます、頑張って下さいヽ(´∀`*)ノ

投稿: Rudel | 2010年1月19日 (火) 19時57分

Rudel 様

温かく見守っていてください。

投稿: 飛雲 | 2010年1月19日 (火) 20時55分

こんばんは。訪問させて頂きました。
またよろしくお願いいたします。

投稿: orima | 2010年1月19日 (火) 23時10分

orima 様

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

投稿: 飛雲 | 2010年1月20日 (水) 06時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当の親鸞学徒として:

トップページ | 間違いを教えてくれたブログの内容1 »