« 間違いを教えてくれたブログの内容3 | トップページ | 必堕無間について »

2010年1月21日 (木)

間違いを教えてくれたブログの内容4

様々なブログを読むことで、必堕無間の恐れと会長への畏敬の念が失せました。

そこで元講師の方や華光会や本願寺等で話を聞き求めたのですが、どうしても馴染めないところがありました。それが華光会です。なぜなら、せっかく必堕無間の呪縛から開放されたと思っていたところが、華光会では地獄を強調されるからです。法座では地獄の話はほとんどなくても、座談会では、「悪しかしていないんだから地獄しか行き場がないじゃないの」と華光会の人が口を揃えていわれるのです。親鸞聖人は地獄のことを教えておられなくとも、やっぱり地獄往きと思わなければ救われないのかとも考えたりしていました。

そんなとき「21世紀の浄土真宗を考える会」で二種深信について書かれてあるのを読んで、目から鱗が落ちるような感じがしました。以下に一部だけを紹介します。

機の深信についてのよくある間違いは、「自己の罪悪を掘り下げていき、徹し切ったところに、いわゆる機の深信が立ち、救いがある」といった類のものです。
簡単に言えば罪悪観と機の深信との混同です。
浄土真宗の異安心の歴史で言いますと、江戸時代、近江(滋賀県)の光常寺で起きた「地獄秘事」などはその典型です。

機の深信とは
煩悩具足・罪悪深重の私は、迷いの世界から出離するのに間に合うものは一つも持ってはおらず、過去も現在も未来も、生死流転から抜け出せる自分でない、と信知する。
となります。
機の深信とは極悪最下の者とすべての人が知らされることではありません。

「二つの正反対のことが一念同時に知らされる」という人がいますが、二種深信は二つの心ではなく一つの心であり、前後があるのでも、並んで起きるのでも、いずれか一方が他方の条件であるのでもありません。

二種深信は機法二種一具の深信であり、図示しますと
 機の深信=自力無功=捨自
 法の深信=他力全託=帰他

となります。
そして、初起の一念より臨終まで一貫します。

親鸞会でも華光会でも言われていることも同じでしたので、地獄一定と知らされることが機の深信と思い込んでおりましたが、それは罪悪観であり、機の深信とは違うことがこれを読んで判りました。

そんなこともあり、頭の中で華光会で言われている言葉を翻訳しながら聞いていたものですから、積極的に華光会の行事に参加する気持ちはそれほどありませんでした。

ただ、華光会でも罪悪観と機の深信の違いはしっかりと教えられているものの、教学を学ぶことを排斥する傾向にある同人には、この2つの区別がついていないのでしょう。

それは「真宗 と カウンセリング」というブログの二種深信 - 聞かない姿に書かれてある内容でも判ります。以下抜粋です。

今日は華光の京都支部法座。
増井悟朗師をお招きして、「二種深信」のお話をしていただいた。
このテーマは、3月にあった講習会で1泊2日で話されたテーマだったが、「最後のほうが時間が無かったのでぜひもう一度」という世話役さんの希望で実現した集まり。
世間の法座は良く知らないが、講師の先生にテーマを指定してお願いするって言うのは、そうそう無いんじゃないだろうか。
それが出来る華光のよさと、受けてくださる先生の深さが身に染みる。

「二種深信」の中身についてはここでは述べないが、その渦中で「二種深信」に対する異安心・邪義を話してくださった上で、もう一度そういう間違いを超えた領解を示してくださった気がする。

そのあとの質疑・座談で話す方の姿を通して、まさに今話していただいた「聞きそこね」ということを感じた。

「機の深信」をたずねいていく過程で、「まだ罪悪”感”がたりません、もっと深めないといけないのか」という人がよくいる。
自分で機を深めようとするのは、自力の所作で、「機法一具」ではない。
法に照らされるからこそ、自分で都合よく見つめる「罪悪」ではなく、本当に流転し続けている我が身の本当の姿がわかるというのに。

また、「地獄行きだという事がわかりました」とそれで一丁上がりだと喜ぶ人もよくいる。
確かに、罪悪観を突きつけられても「自分のこととは思えない」という人よりは一歩進んでいるようにも思える。
しかし、そんな軽い地獄行きで知ったつもりになっているのは、「なんのために、これほどまでの願を立てられたのか」というところも軽くしてしまい、「救うとおっしゃってるんだから、任せとけば大丈夫ですわ、わっはっは」と、阿弥陀様を尻にいしいて高上がりしている姿でしかない。

地獄一定という罪悪観を持たれている方なら、華光会の座談会に出られてもよいでしょうが、私のようにそこまでの罪悪観も懺悔もない人には、「あなたの後生は地獄しか行き場がないでしょう」といわれると、「それは親鸞聖人の教えと違う」という反発心が出てくると思いますので、座談会は出られない方がよいように思います。

|

« 間違いを教えてくれたブログの内容3 | トップページ | 必堕無間について »

心と体」カテゴリの記事

コメント

今日華光会の東京支部の法座に行ってきましたが、プリントを輪読して座談会だけでした。昨日説法があり、罪悪ノートについて話があったようです。

私としては阿弥陀仏の法徳を讃嘆したかったんですが、どうも話が通じなかったです。

「教科書通りだね」とか、「話が響いてこない」とか「阿弥陀仏のご苦労が水泡になるというのは、人に向かって言うべき事ではないんじゃないか」などと言われました。

そして周りは、自分の罪悪を見つめ、堕ちきったところに救いがあるような感じの話をしましたね。

増井悟朗先生の話は素晴らしいと思いますし、華光で初めて仏法聞く人にはよいかも知れませんが、長年親鸞会会員で求めてきた人には特に座談会は合わないかも知れません。機ばかり問題にしてきたのにまた機について徹底的に論議されますからね。

如来が見抜かれた私が救われるわけですから法に向かえばいいんですけど、座談会はほとんど機についての話だけで終わってしまい、残念でした。

投稿: 淳心房 | 2010年1月31日 (日) 21時26分

淳心房 様

私も5回ほど座談会に参加しましたが、言われることは、地獄のことばかりで、私は地獄を六道、自力無功と変換して聞いてきました。
しかし、我慢の限界を越えたので、言い返したところ関係が悪くなってしまいました。

私としては親鸞会を辞めた人の最大の受け皿と期待していたのですが、これでは親鸞会を見限って華光会にいっても、失望して、真宗自体を謗ることになる人も多いと懸念するばかりです。

実際、親鸞会をやめても華光会で長年聞いている人は極めて少ないのが現状です。

投稿: 飛雲 | 2010年2月 1日 (月) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間違いを教えてくれたブログの内容4:

« 間違いを教えてくれたブログの内容3 | トップページ | 必堕無間について »